社長のコラム14「コロナショック」


お久しぶりの更新です。

弊社では、お店を経営しながら、

広告事業を行い、0から始めて18年になりました。

18年間の間何度も経営危機に陥りました。

また、弊社は生活に必要でないものを販売をしております。

コロナウィルスの影響で、皆様大変な思いをしていると思いますが、

今後の方向性をどうしたらいいのか考えていきたいと思います。

今の現状(コロナウィルス)は無くなる事はないし、

今後ももっと酷いことが、起こる可能性があります。

大変だと思いますが、今の現状を受け入れることが大切だと思います。

今までと同じ売上を確保するのでは無く、

時代に合わせた、経営に変化させる努力が必要なのです。

コロナの責任や政治の責任にして、言い訳しても

会社継続はできません。

その中の変化に対応することが大切です。

やはり、WEBを活用して情報を発信している所が

最終的には生き残ると思います。

テレワークやAIなどがありますが

どんな職種でも経営の変化させることができます。

経営の変化とは

お金を稼ぐ方法の変化のことです。

例えば、

普通にレストランであれば

WEBを活用することで経営の変化をさせることができます。

1、冷凍食品を作りインターネット通販を始める。

2、オンラインサロンによる料理教室を始める。

3、WEBの予約機能を使い料理人の自宅派遣サービス。

など、考えれば、無限にサービスが思いつくと思います。

是非とも、今回コロナウイルスをピンチと考えるのではなく

チャンスと考え行動してみてはいかがでしょうか?

WEBの活用の仕方など

何かございましたら私にお気軽ご相談ください(^^)/


特集記事